国産針葉樹(間伐材)を使用した家具の制作・販売

針葉樹家具のメンテナンス

無垢家具のメンテナンス

無垢の家具は、ずっと生き続けています。植物性オイルで仕上げられていますので、 家具が呼吸をし続けています。また、室内の湿度に対応して、水分を吸ったり放出したりしています。たとえば夏の暑い日。汗ばんだ手の水分も、優しく吸収して べたつきません。醤油など濃い色の液体をこぼしてしまった場合でも、家具にしみこんでいるオイルが汚れを弾いてくれます。また、磨けば磨くほど、艶のある 家具に変化してゆきますので、長所を維持するためには、家具をかわいがって、時々手をかけることが大切です。

毎日のお手入れ

<汚れの落とし方>
日常のお手入れは、乾いた柔らかい布で木目にそって乾拭き、又は、ぬれ布巾で拭いて下さい。

<傷を目立たなくする方法>

物を落としてへこんだり、スリ傷ができたりした時のお手入れ方法です。
準備するもの
・布やタオル
・アイロン
・サンドペーパー(180番・240番)
・植物性オイル又は、蜜蝋ワックス


落書きの場合は、サンドペーパーで擦り、消します。
木の繊維を痛めないように、木目にそって擦りましょう。
激しいへこみの場合は針で傷の中をすこしつつきます。


濡れタオルをしばらく当てて水分を吸収させます。
激しいへこみの場合は直接傷に水をたらしてからタオルをおきます。


熱したアイロンを濡れタオルにあてると、へこみが膨らんできます。
元通りとはいきませんが、この方法で傷はそこそこ元にもどります。


再びサンドペーパーで擦り、平らに仕上げます。


水分を乾かしてから植物性オイル又は、蜜蝋ワックスを塗ります。塗り込んだらすぐに拭きとってください。
ペーパー処理した場所は最初目立ちますが、ひと月くらいで陽に焼けてきて目立たなくなってゆきます。


これでお手入れ完了です。
さらに年に1~2回、植物性オイル又は、蜜蝋ワックスを家具全面に塗り込むと、家具が大変長持ちをし、自然な艶が維持できます。


お手入れキットについて

お手入れきっとの販売は、終了させていただきました。
ご愛顧いただきまして、ありがとうございました。

上記メンテナンスに使用するオイルやワックスは、お近くのホームセンターやインターネットなどでお買い求めください。


サイト内検索


  • ウッドワークのフリーオーダー
  • アウトレット
  • ウッドワークのモノ造り
  • 針葉樹家具のメンテナンス
  • ウッドワークの店づくり
  • 連携する活動

Facebookはこちら Twitterはこちら
このページのTOPへ