国産針葉樹(間伐材)を使用した家具の制作・販売



思い出の庭木を家具にするプロジェクト

新潟県上越市中郷区お住まいのT様より、お庭の「五葉松(ごようまつ)」を伐採され、廃棄するのではなく、お祖父様がとても大切にされていた想い入れのある松なので、家具として残せないものかとご相談をいただきました。

●2018年11月20日 伐採された「五葉松(ごようまつ)」を見に現地へ伺いました。

長さ4m程度、 直径30㎝~35㎝程の五葉松1本です。
お客様のご要望は、第一希望「テーブル」、続いて「ベンチ」や「スツール」です。

ちなみに・・・
◎五葉松(ゴヨウマツ)は、どんな樹木なの?
マツ科/マツ属
常緑針葉/高木
別名:ヒメコマツ・マルミゴヨウ
高さ:一般的には、3m~10m程度まで生長する。

主に本州南部、四国、九州に自生しているそうです。 
一箇所から葉が五本出るため、ゴヨウマツといいます。
銀色がかった葉が美しく、神社仏閣、庭園に植栽されます。
成長が遅く、木質が柔軟で、枝を曲げやすいため、盆栽に使われることが多いそうです。

●2018年11月26日 製材所に運搬を依頼

製材所より、ユニックトラックで運搬を行いました。
クレーンで五葉松を吊り上げ、トラックの荷台に乗せます。
運搬中、荷台で松が動かないようしっかり固定し、製材所へ運びます。

●2018年12月14日 製材作業開始

製材の前に丸太表面、小口、五葉松のくせを目視します。

根本の曲がり部分、テーブル部分、枝、節等、それぞれチェーンソーで切り分けます。

木目の状態(先々の曲がり反り、割れ)を見て、伐る方向を決めます。

いよいよ、製材機で丸挽きしていきます。

綺麗な木目が現れました。

これから、じっくり時間をかけて天然乾燥させてゆきます。

●天然(自然)乾燥 [今ココ!]

自然の気候の中で、灰汁(アク)を抜きながら、半年、ゆっくり時間をかけ、材を乾かしてゆきます。

つづく

 


サイト内検索


  • ウッドワーク専属デザイナー紹介
  • ウッドワークのフリーオーダー
  • アウトレット
  • ウッドワークのモノ造り
  • 針葉樹家具のメンテナンス
  • ウッドワークの店づくり
  • 連携する活動
  • 思い出の庭木を家具にするプロジェクト

Facebookはこちら Twitterはこちら
このページのTOPへ