国産針葉樹(間伐材)を使用した家具の制作・販売



ウッドワーク通信

発行:2006年08月22日

□■□■□■□■□協同組合ウッドワーク メールマガジン■□■□■□■□
<< 第20号 >>

1. ごあいさつ –事務局より–

 こんにちは。協同組合ウッドワークの加藤由佳里です。
皆様ご無沙汰をしております。いかがお過ごしでしょうか。

夏の風物詩である、ところてんや夏野菜♪懐かしいラムネ!これらは、中山間地域の桑取谷で、かみえちご山里ファン倶楽部のスタッフさんが、夏だけの期間限定として販売を行なっているものです。

野菜やところてんを冷やしている流水家具は・・ウッドワーク製作のものです。桧材で拵えた箱は、ほのかに桧の香りがします。水は順繰り上から流れ、野菜 やところてんが冷やされてゆきます。冷たい水の中にところてんの固まりを冷やし、自分でところてんを突いて食べられます。地物の天草でおばあちゃんが丹精 込めて作ったところてん!皆様もおひとついかがでしょうか?最高においしいですよ。

さて、情報配信をなかなかお届けできず、ご迷惑をお掛けしておりますが、どうぞ、ウッドワーク通信20号をご覧ください。

2. ヒュケリシリーズ&EFJシリーズのご案内

ホームページに新しくヒュケリシリーズとEFJシリーズが掲載されました。新たなデザインにより、さらにパワーアップしたウッドワーク家具をご覧ください。

◎ヒュケリシリーズ
第5回を迎えた「暮らしの中の木の椅子展」に、今回は過去最多の745点の作品がノミネートされました。その中の96点が入選作品となり、その中にウッドワーク組合員の猪俣美術建具店 猪俣一博氏制作の椅子が選ばれました!
入選作品を製品化しようということで、日本橋のNICOプラザにて催された展示会に出展し、このたび、「ヒュケリシリーズ」として新商品を出すこととなりました。
ヴェアスゴの小林雅之氏によるデザインで、ウッドワークに新しいスタイルが生まれました。

◎EFJ(アースファニチャーじょうえつ)シリーズ
武蔵野美術大学名誉教授/(有)島崎信事務所代表 島崎信氏デザインのEFJシリーズ。
ユニット式のリビングソファやティーテーブル、ダイニングチェアやダイニングテーブル、畳用の座卓など、主に住宅用の家具がデザインされました。

3. 日本橋NICOプラザにて展示//新商品紹介

7月4日~9日の6日間。東京都中央区日本橋にて展示会を催しました。針葉樹である杉や桧、素材の良さを最大限に生かした、手作り溢れる家具が並びました。

【1】FSC®桧ダイニングテーブル
W1500/D900/H700 税込価格:122,000円
天板の厚みが4cmと贅沢さが感じられるテーブル。脚部の形が真四角ではなく、斜めに削がれた形がすっきりと見せます。

【2】格子ソファ(3人掛)
W1800/D800/H800/SH350
税込価格:315,000円(クッション付き)
<その他>
(2人掛け) W1500 税込価格:262,500円
(1人掛け) W0800 税込価格:136,500円

 ゆったりとくつろげるソファ。
背もたれのクッションは取外し自由。無垢の杉から出ている香りが安らぎを与え、包み込まれるような温かい気持ちになります。後ろから見ると見事な格子の模様。
格子の棒を繋げると一枚の板になるように遠めで見ても、木目の模様がきれいに出ています。

【3】組子キャビネット
W850/D430/H1600 税込価格:367,500円
建具職人の見せ所、究極の技「組子」。技術がなければ、このような素晴らしい模様を刻むことができません。長年の伝承を受け継ぎ、キャビネットの扉に入れ込みました。

【4】キャビネット
W900/D450/H1800 税込価格:195,000円
杉の特徴である、赤みと白太のコントラストを表現するのにどのパーツをどの場所に用いるか、職人のセンスが問われます。
何も考えずに製作してしまうと、重たく、きれいさがでません。キャビネットのひとつひとつをバランスよく作り上げています。引き出しの底板や背板まで、全て無垢素材です。

【5】畳コーナー
(単体)W870/D450/H1800 税込価格:65,100円

 ご家庭に畳がないのでほしいな・・畳の床で寝転びたいな・・など、希望が叶えられる一品です。
この畳は、ただの畳コーナーではありません。単体で購入でき、蓋を持ち上げれば、収納スペースとしてお使い頂けます。又、二つに合わせればベッドとし て。四つに合わせれば畳のコーナーとして、和室感覚でご利用できます。畳は、貼り付けていませんので、取外し可能で新しく替えられます。全て無垢素材のた め、湿気を吸ってくれる効果があることから、ふとんを入れることもできますね。

4. 終わりに・・・今月の一言

 私事ですが・・・皆様にご報告です。3ヶ月程前にめでたく結婚致しまして、室橋から加藤になりました。今後は加藤と名乗ることになりますが、今までと変わらず皆様とのお付き合いを宜しくお願いします。

なんにせよ、ウッドワーク通信を配信できていない事には、変わらず・・いつも心苦しいばかりでした。(泣)今後とも何卒宜しくお願いします。

事務所ウラのウッドデッキにて、今年の夏一番の輝き。夕日のオレンジ色が波に映り、綺麗すぎて感動しました。

それでは、また次回のウッドワーク通信をお楽しみに!

▼△▼△▼△▼協同組合ウッドワークメールマガジンについて▼△▼△▼△▼
 発行者:協同組合ウッドワーク
 登録・解除は、ウッドワーク通信のページからお願いいたします。

このページのTOPへ