国産針葉樹(間伐材)を使用した家具の制作・販売



ウッドワーク通信

発行:2012年05月18日

□■□■□■□■□協同組合ウッドワーク メールマガジン■□■□■□■□
<< 第35号 >>

1. ごあいさつ –事務局より–

こんにちは。協同組合ウッドワークの加藤です。

大型連休は、いかがでしたでしょうか。
近頃の天候は、暑くなったり寒くなったりと落ち着かない日が多いように感じ
ます。

さて、本日曇り空のなか、「金環日食」を見られた方は、数多くいらっしゃっ
たのではないでしょうか。日本の金環日食は1987年の沖縄以来25年。今回のよ
うに広範囲で起きるのは932年ぶりだそうです。

金環日食の間、辺りがいつもより薄暗く、不思議な感覚を受けました。
貴重なすばらしい時間を過ごせたのだと思います。
それでは、ウッドワーク通信をご覧ください。

2. 納品紹介(1)

「小国複合福祉施設」木製家具建具納品
小千谷市小国町に複合福祉施設が完成し、当組合では、主に福祉施設の建具・
家具製作に取り組ませていただきました。

◎詳しくは、ウッドワークホームページでご覧ください。
⇒http://woodwork.or.jp/post_works/%E5%B0%8F%E5%9B%BD%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E7%B7%8F%E5%90%88%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E6%A7%98/

その他、中郷区の介護老人福祉施設へも木製建具を納品させていただきました。

3. 納品紹介(2)

一般住宅への納品事例です。
杉の香りが漂い、ゆったりとした気分に浸れるテーブルです。

◎詳しくは、ウッドワークホームページでご覧ください。
⇒http://woodwork.or.jp/post_works/%E4%B8%8A%E8%B6%8A%E5%B8%82%E3%80%80%E5%8C%BF%E5%90%8D-%E6%A7%98/

長さ180cm×90cmのダイニングテーブルです。
4人家族で使われるのですが、使う大きさは通常よりも大きめです。
食卓を囲むだけではなく、作業台として使ったり、子どもたちの読み書きの場
であったり、色々な用途に使えるテーブルです。
このテーブル天板は、根曲がり材を利用し、杉の根本部分を生かしたものです。
ブックマッチのように二枚ハギで製作しました。
杉の生きてきた証の表れでしょうか、色味が黒っぽく、面白みのある木目に仕
上がりました。

4. お知らせ

長岡市の「インテリアショップハイラート」さまに、ウッドワーク家具を常設
で展示・販売させていただいております。
今回は、インテリアショップハイラートさまをご紹介させていただきます!

上越市外でお客様に実際の家具をご覧いただく機会がないなか、私どもの家具
に理解をいただきまして、長岡市にありますハイラートさまのショップにウッ
ドワーク家具を取扱っていただけることになりました。

主な展示家具は・・・
スツール、アームチェア(OW-C02)、アースファニチャーチェア、横桟チェア、
ロッキングチェア、ヒュケリイージーチェア、ヒュケリダイニングチェア、
ヒュケリダイニングテーブル、ルナ チェア、格子ソファ、キャビネット、
組子キャビネット、テーブル、耳付テーブル、根曲がり座卓(穴あきタイプ)、
ベッド。

新しく学習机シリーズ、小物の展示品も増えました。
学習机(固定型)、学習チェア(固定型)、キャビネット、卓上本棚(小)、
雪の結晶組子コースターです。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

◎ インテリアショップ ハイラート
■住所・連絡先
〒940-2031 新潟県長岡市宝地町251
TEL:0258-27-6341 FAX:0258-27-6933
■営業時間
AM9:00~PM6:30(毎週水曜日定休)
■URL
http://www.heirat.jp/

5. 事務局より 今月のひとこと

ご愛読いただきましてありがとうございます。

私ごとですが、連休中にお隣の長野市へ足を運びまして、茶臼山動物園に行っ
てきました。
と、その前に・・・近くにある「恐竜公園」がなかなかいいよ~、という評判
を聞きつけ初めて行ってみたのですが、以外にも以外。娘(4歳)、息子(2歳)
は本物さながらの大きな恐竜を見て大喜びでした。恐竜の背中からすべる滑り
台は、楽しい♪と言っては何度もすべっていました。
山をのぼりながら奥へと進むので、私はすでにへとへと・・・。でも、体を動
かすには、いい遊び場でした。休みの間、子どもと一緒に遊ぶ時間が多かった
ので、体を休ませる余裕もなく疲れ果てましたが、楽しいひと時を過ごせたの
で、こころの充実感は大きかったように思えます。

では、次回のウッドワーク通信でお会いしましょう。

▼△▼△▼△▼協同組合ウッドワークメールマガジンについて▼△▼△▼△▼
 発行者:協同組合ウッドワーク
 登録・解除は、ウッドワーク通信のページからお願いいたします。

このページのTOPへ