国産針葉樹(間伐材)を使用した家具の制作・販売

納品事例

高田公園オーレンプラザ

高田公園 陸上競技場隣接の「オーレンプラザ」内に木製杉テーブル3台と椅子20脚が納められました。
設置しました「交流コーナー」の窓からは、南側お堀の蓮がよく見え、憩いの場として活用できるスペースになっております。椅子に腰掛けて、蓮を眺めながら、ゆっくりと過ごしていただけたらと思います。

◎テーブル(杉) 

W1800 D900 H740 ・・・ 3台
テーブル天板を横から見ると、10mm厚の薄い板のように見えますが、実は15度のテーパーをつけた、30mm厚の天板です。EDGEシリースのチェア座面と同じ作りとなります。
杉の色味を赤身、白太のコントラストがでるよう巾ハギ集成されています。

◎チェア(杉)

W427 D455 SH450 H830 ・・・ 20台
EDGEチェアを用いたデザインのチェアになります。
テーブル天板と同様の作りで、座面の厚さを感じさせないほど、薄く見える作りです。
背もたれは、曲げ背板2枚積層になっており、さらに強度を出しています。
脚部は、スキっとした細身なデザインに仕上げています。

木の温かみを感じながら、これからたくさんの方々に使っていただけたらと思います。

 

 

このページのTOPへ